2017年07月22日

魅惑の花

おはようございます

ハーブ&手作りレシピ『まっきー菜園』の江本牧子です。

玉ねぎ畑の隅に植えたアーティチョークの花が咲きました

KIMG3189.JPG

食べて美味しいアーティチョーク。
茹でてマヨネーズやバターソースで食べるのですが、空豆と栗をたして割ったような味。

切り花も綺麗なので、我が家では仏様の花になっています〜(笑)
草丈2メートルはあり、花は顔と同じくらいの大きさで、存在感ありすぎです(^^)

昨年は私の背丈位だった、自然に生えてきたクルミの木も、もう手が届かない程に大きくなりました。
KIMG3197.JPG

今年は、クルミがとれるかな八分音符

ハウスのトマトも色づき始めました。
KIMG3176.JPGKIMG3175.JPG

楽しみがいっぱいです

今日も暑いですが、草刈り頑張りまーす
KIMG3191.JPG
posted by まっきー at 09:48| Comment(0) | 農業

2017年07月17日

糀の世界

こんばんは。
ハーブ&手作りレシピ『まっきー菜園』の江本牧子です。

2日間のイベントも終り、ホッとしたのもつかの間、来週のイベントに向けての準備を始めています。

まっきー菜園の商品、甘酒糀&バジルの原材料の糀は、我が家のお米で委託ているのですが、すごく惚れ惚れするほどに、モッコモコの米糀なんです。

以前は、糀も自分で仕込んでいましたが、やはり、こうは上手くいきません顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

私が嫁に来た頃、爺さんが、冬仕事に酒蔵に行ってた事もあり、糀の作り方を教わりました。
そして仕込んでみましたが、ふわふわ、もこもこといった糀ではなく、ぽろぽろ糀

酒用のような糀なんです

糀って奥が深いです。

お米の浸水時間、水の温度、蒸かす時間、使用する糀菌、湿度。
それらで、出来が全く違う物になります。

温度が上がってくると、42度を越すと糀菌が死んでしまうので、温度を下げる為に、切り返しをしますが、38〜40度でかき混ぜるか、40〜42度でかき混ぜるかでも、違いが出てくるようです。

結果、私は味噌を仕込むようなフワフワの糀が仕込めず、ぽろぽろの酒用の糀のようになっていました。

菌って、面白い
さすが職人ですね。

この糀を使うと、とびきり甘くて美味しい甘酒が出来るんです八分音符
美味しい甘酒が完成してますようににこにこ

KIMG3172.JPG









posted by まっきー at 23:21| Comment(0) | お仕事

2017年07月11日

自然栽培ニンニク、玉ねぎ収穫始めました

ハーブ&手作りレシピ『まっきー菜園』の江本牧子です。

昨日から、自然栽培のニンニクの収穫を始めています。

もう少し、早く収穫したかったのですが、色々諸事情が重なり、やっと、本腰入れて一気に収穫

と、思いきや、暑さにたたられ、中々進みません〜顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

昨年の作付が、タイミングよく行えなかったので、余り良い出来ではないのですが、収穫出来ることに感謝するばかりです

作付時は、長雨で高畝にできず、そのため、雪解け後の排水の悪さに、大部分が消えてしまいました。

その後は、葉が黄色くなり、「肥やしあげないとそのまま枯れる」と言われるも、グッと我慢して見守り続け、後半は葉の色も良くなり、収穫まで漕ぎ着けました(*^^*)

出来たぁ〜っと、感動でした。
KIMG3012.JPG

玉ねぎも、小振りだけれどずっしりと重くしっかりした玉は、絶対美味しいはずですにこにこ
KIMG3015.JPG

今年の種まきはこうしよう。とか
作付の時期も、タイミング逃さないように、畝立ては早めにしなくてはとか、色々試案中です。

ハウスのトマトも色つき始め、茄子やパプリカ、ズッキーニも実がなり始めています。
KIMG3010.JPGKIMG3005.JPGKIMG3000.JPGKIMG3004.JPGKIMG3011.JPG

もう時期、夏野菜の収穫が始まりますにこにこ

posted by まっきー at 23:21| Comment(0) | 農業