2017年03月30日

農業はタイミングを逃すと、取り返しがつかない事になる。。

こんばんは。
ハーブ工房『まっきー菜園』の江本牧子です(*^^*)

畑に積もっいた1メートル以上の雪が解けて、畑全体が見えるようになりました。

KIMG2294.JPG

一番気掛かりだった、昨年秋に定植した、自然栽培の玉ねぎの様子を真っ先に見に行きました。

やはり、予感は的中…。

半分以上、苗が消えています。

まだ、芽が動き出していないので、何とも言えないところですが…。

KIMG2295.JPG

昨年の定植時期は、毎日のように雨が降り、畑が乾かず耕す事が中々出来ませんでした。
初雪が降るタイムリミットがあるため、半分乾きの畑をやっとの思いで耕し、たくさんの友人、親戚に手伝ってもらい、何とか定植する事ができましたが、高畝にすることが出来なかった事が、致命的でした。

自然には敵わない…。

と痛感しながら、祈るように雪解けを待っていたのですが…。

あの時、耕して畝を立てていれば…。

とか、悔やんでも仕方ないのですが、
改めて、天気を読む事と、タイミングが重要で、取り返しの付かない事に成りかねない怖さを知りました。

旦那さんからは、「良い勉強になったと思えばいいさ〜」って慰められましたが、しばらくは反省の日々ですね。

今年の作付に生かせるように、今まで以上に、自然や玉ねぎとの向き合いかたを替えて行こうと思いました


さてさて、気持ちを切り替えて、まっきー菜園の今年度の農作業がスタートしております

先ずは、ネギの種まきから、ハーブの植えや挿し穂等など〜。

KIMG2292.JPG

KIMG2298.JPG

時間を忘れて没頭しています。

今年も強くてよい苗が育ちます様に、愛情いっぱい育てて行きますので、森のマルシェや川西ハーブガーデンフェアで、見つけた際は、よろしくお願いいたします〜(*≧∀≦*)


posted by まっきー at 22:51| Comment(0) | 農業